“No Green No Pearl” Donation Project 国境なき医師団の「新型コロナウイルス感染症危機対応募金」へ寄付のお知らせ

“No Green No Pearl” Donation Project

国境なき医師団の「新型コロナウイルス感染症危機対応募金」へ寄付のお知らせ

黒蝶真珠のピンブローチ
LUNASOL VERT U.セミオーダーピンブローチをご購入で、売上の10%を国境なき医師団の「新型コロナウイルス感染症危機対応募金」に寄付いたします。
ひとりひとりが家にいながらできる小さな努力や思いやりのかけらこそ、誰かの糧となることを信じ、今この時期に心穏やかな時間を過ごせるように、パールが心のビタミンになることを願い、緊急支援として寄付を募ります。

 

真珠は山からの豊富な栄養分が海に流れて育まれます。
No Green No Pearlとは緑溢れる大地があるから真珠が出来る、
誰かの想いがあるから誰かを幸せに出来る、自然も想いも持続可能な循環になりますように。

 

•¥13,500(税抜き)のピンブローチ1点のご購入で、最大¥1,450の寄付支援ができます

ピンブローチは好きな色を選んで頂けます。

新芽、紺碧、空、桜、苔、わさび……LUNASOL VERT U.では日本の四季を彩る色を身に着けて、パールがあなたの力になることを願って製作しています。

緑溢れる大地から海への贈りもの、パール。

タヒチの風に包まれるような着け心地も軽いジュエリーに仕上げ、男女問わず気軽に着けていただけます。

胸元にひと粒のタヒチパールの煌めきを。

 

ジャケットにつけたピンブローチ
  • 参加方法

¥13,500(税抜き)のピンブローチをご購入いただくと最大 ¥1,450を国境なき医師団の「新型コロナウイルス感染症危機対応募金」に寄付できます。
 
STEP 01
ピンブローチのご購入で¥1,350寄付されます。
STEP 02
ピンブローチが写った写真か動画を @lunasol_vertuと #nogreennopearlの2つ
をつけてInstagramに投稿いただくと、追加で¥100(合計 ¥1,450)寄付されます。

 

  • 支援でできること一例

3000円で 医療用防護マスク12枚を提供できます。
5000円で 医療用フェイスシールド3点を提供できます。
1万円で 医療用防護ゴーグル6点を提供できます。
※外国為替レートの変動に加え、新型コロナウイルスの感染拡大により医療用防護具や医療物資の市場価格は大きく変動しています。物資の金額(日本円)は、国境なき医師団がこれらを購入する際に支払う価格と差異が生じる場合があります。

 

  • 国境なき医師団(MSF)とは

国境なき医師団は、紛争や災害、貧困などによって命の危機に直面している人びとに医療を届ける国際的な民間の医療・人道援助団体です。

 

< 国境なき医師団日本 新型コロナウイルス感染症危機対応の寄付募集について >

以下、「3月26日 国境なき医師団発表のプレスリリースより抜粋」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な大流行に伴い、国境なき医師団(MSF)は欧州や開発途上国を中心に緊急医療援助活動を加速しています。
MSF日本は、活動資金の一部を日本から拠出することを目指し、同感染症への医療援助活動および感染症拡大の影響に伴うその他の援助活動に使途を限定した寄付の募集を3月26日より開始しています。

 

感染が拡大する欧州と医療体制の脆弱な国々で援助を展開

MSFは今年1月末、香港で開始した感染予防啓発活動を皮切りに、中国・武漢市の病院への医療用保護具提供など、新型コロナウイルスの感染拡大に合わせた対応を行ってきました。現在は、死亡者数で中国を上回ったイタリアで、特に流行の深刻な北部の病院を支援。また、フランスとベルギーでは、ホームレス、移民、保護者のいない未成年者など特に脆弱な人びとの検査・ケアに協力しています。スペインでも、医療機関の患者受け入れ能力を高めるため、保健当局との連携を進めています。また、多くの難民が過密状態で生活するギリシャ・レスボス島のモリア難民キャンプでの感染拡大に備えて、緊急時の対応を敷いています。

 

同時にMSFは、アフリカ、中東、東南アジア、オセアニア、中南米地域などの、以前から医療援助プログラムを展開している国と地域において、活動の見直しを行い、新型コロナウイルス感染予防を中心に、流行への備えを進めています。今後感染者が出る可能性が高いと思われる場所では、感染予防策を導入し、患者のスクリーニングとトリアージ態勢の確立、隔離区画の確保と維持管理、保健教育の徹底が必要であり、MSFは世界保健機関(WHO)および各国保健省と連携し、感染者が増えた場合どのような援助ができるか検討を重ねています

 

MSF日本会長の久留宮隆医師は、「世界で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、多くの人びとが健康上のリスクにさらされています。その中で医療従事者の安全確保は、あらゆる医療機関で最優先事項となっています。必要な医療物資の供給不足や、医療従事者の感染によって病院が機能停止に追い込まれる事態は避けなければなりません。また、国際社会は最も感染リスクの高い脆弱な人びとへのケアを忘れてはなりません。この危機的な状況を世界中が連帯し乗り越えられるよう、皆さまの支援を強くお願いします」と訴えています。

 

国境なき医師団は、長期化が予想される新型コロナウイルス感染症に対応する2020~2021年の活動で、世界全体で約120億円、日本で約7億円を目標に資金を募っています。この資金は、国境なき医師団が世界各地で行う新型コロナウイルス感染症の緊急援助活動と感染症拡大の影響に伴うその他の援助活動に割り当てられます。この活動に必要な資金を上回る寄付をいただいた場合は、その他の緊急援助活動にあてられます。また、活動状況や資金調達状況に応じて、本募金の受付を予告なく終了する場合があります。